ハラ―ル 食事をつくり置きするゲスト

ゲストの宗教的なことから、ハラ―ルフードについての問い合わせも多くいただきます。

ハラ―ルに対応したお店、スーパーを探すことは、日本では大変であることから。

ゲストのみなさんのほとんどが、食材を母国から持ってきます。

そして、チェックイン作業をしている私とゲスト代表者を横目に、別のゲストは、

料理にとりかかります。そして、ゲストハウスは、スパイシーなにおいが漂います。

彼らは、アジアの屋台のように、料理を大量につくり、作り置きします。そのため、私たちも

ステンレスボールを沢山用意しておきます。そして、ラップを用意して、つくった食材を

ラップで蓋していただくようお願いします。そうしないとキッチンが食材の臭いで充満。

あとで消臭するのが大変になります。そう説明しても、ラップを使わない人もいます。

ラップを使わなかったのだなとわかるのは、チェックアウト後の清掃時に玄関ドアを開けた

瞬間にわかります。「あー、臭う」と、そして、チェックアウト後は音信不通、当然レビューの投稿もありません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.