正月に宿ないから、一日早くチェックインしたいと言われても・・・。

2017年も15日が経過、まったく休みのない、ホストです。 非時間管理者ですので、しょうがないですね。

休みがないと言っても、丸一日休めないだけで、適度に休んでいます。数日前には、10時間近く寝ることもできました。

さて、2017年も面白い出来事がありました。1月4日からチェックインを予定していたお客様から、2016年の年末に、1月3日からチェックインが出来ないかリクエストをしてきました。

そのゲストハウスは、前のゲストが1月1日にチェックアウト、1月4日の午前に掃除を手配して、午後6時に引渡しを予定していたのですが、3日の夜6時から利用したいそうです。

正月だから難しいと断ると、「なぜ駄目なんだ!」とメッセージ、やれやれと思いながら、

「日本の正月は、1月3日までで、3日に清掃する人が手配出来ない」と返信。

「それでは、私たちが困る。」とメッセージ。 そんなの知らないよ。と思いながらもそれを飲み込み

「祝日ということ、チェックインまで一週間を切っての日程変更だから、こちらとしても対応したいが、清掃をする人がいない。」と返信。

「掃除しなくてよいから、1月3日から泊まりたい。掃除は4日で良い。」とメッセージ。

ウソでしょ、だれか知らない他人が使った布団で寝れるわけないでしょ。と思う気持ちを再び飲み込み。

「ゲストハウスには、ゴミなども残されており、衛生面のチェックも必要なので、そのままでは、貸し出せない。」

と返信。

「なぜ、使わせない? 日本は正月というのはわかっている。正月で宿がないから頼んでいるんだ。」とメッセージ。わかっているよ。じゃらんや楽天トラベル、エクスペディアで検索すると、ホテルは、あるよ。1泊1万円位するけど。要するに安く泊まるの方法として、私たちのゲストハウスを一日早く泊まるのが安上がりだから、無理やりでも泊まりたいのでしょ。と思う気持ちを押さえ。

「わかった。最善は尽くすから、とりあえず1月3日からの宿泊は受け入れます。」と返信。

優しいなーってまた、ゲストハウスのオーナーに言われるのだろうなと思いながら・・・。1月2日の夜中にゲストハウスへ行き、掃除してきました。 新しくオープンしたゲストハウスがあるので、日中はまったく動けないので、唯一動ける、夜中に行ってきました。そんな、苦労も知らないまま、このゲストは、1月3日から泊まり、そして、史上最強クラスの汚い状態でチェックアウトするのです。 そんなゲストだから、こんなリクエストをするのだと知りました。 このチェックアウトの話は、次回書きます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.